遺言状の勧め!

遺言状は、必ず公正証書遺言にして下さい。自筆遺言証書ですと裁判所の検認も必要なり、面倒だけでなく、有効無効が争われることがあります。家族が相続で争わないためにも必ず公正証書遺言をして下さい。それは、家族に対する愛情でもあります。

公正証書はご自分で公証役場に出向いて公証人に作成してもらうのですが必要書類を必ず前もって交渉役場で電話で確認をして証人2名と出向くことが必要です。

ここで注意をしなければならないのは、公正証書遺言は行政書士に依頼しても行政書士が証人及び遺言執行者に就任してくれる場合がありますが、高額な報酬を請求する者がおりますので要注意です。行政書士に支払う報酬は前もって見積もりを必ず取って下さい。

一般家庭の公正証書案作成手数料が10万円以内なら良心的な行政書士だと思います。遺言執行者指名料は別にかかると思いますが、その場合は10万円程度を考えて下さい。遺言手続きで30万円を請求するところは論外ですので注意をして下さい。自由主義経済ですから報酬の設定も自由ですが高い報酬は街の法律家とは言えません。

当社では良心的な行政書士をご紹介します。

ここをクリックして下さい。お問わわせ

※ホームページの転写をご遠慮ください。恐縮です。